板橋十景の一つである「志村一里塚」

板橋区にある歴史スポット「志村一里塚」。

有名なので板橋十景の一つでもあります。

板橋区の説明は以下で。

江戸時代、徳川家康は街道整備のため、慶長9年(1604年)に諸国の街道に一里塚の整備を命じました。

志村一里塚は中山道の第3番目の一里塚として築かれたもので、明治以降多くの一里塚が消滅するなか、今日、2基一対で残っている一里塚は全国的にも大変少ないものです。

現在は国の史跡に指定されています。

板橋区ホームページより

 

地図はこちらです。

 

ストリートビューはこちら。

 

国の史跡にも指定されている板橋十景の一つである「志村一里塚」

板橋十景の一つであ「志村一里塚」。

戦国時代末期にはすでに造られていましたが、1604年以降、徳川家康の命により五街道を中心に整備されました。

当時地域によりまちまちであった里程を1里36丁に統一し、一里ごとに街道の両側に5間四方、高さ一丈を標準とする塚を築き、塚の上には榎などの大木を植えました。

まさに歴史的なスポットとなりますが、若干地味なのか現地では以下のようにアピールしています。

 

大きな榎の木が街道沿いにはあります。

 

街道の両側にあります。

都内で現存している一里塚はこちらと、岩槻街道の西ヶ原一里塚(北区)の二か所だけです。

 

志村一里塚の歴史なども記載されています。

 

地域的には有名でありますが大きな気のある交差点ではありますね。

 

歴史の色も深いスポットです。

特別な場所ではなく常にある場所として地域の方には認識されているように感じました。

関連記事一覧