弥生時代の生活などの発掘調査のあった「沖山遺跡」

板橋の沖山公園付近にある「沖山遺跡」。

昔は「沖山口」と呼ばれていたこの場所。弥生時代以降の環濠集落が発掘されるなどとても歴史的に価値のある場所です。

地図はこちら。

 

ストリートビューはこちらです。

 

 

荒川や高島平を望む高台

沖山遺跡のなかで特に注目されるのは、弥生時代の溝を巡らした環濠集落です。

溝は沖山公園の一区画を通り、都立赤塚公園沖山地区をめぐっており、集落は現在の広場の部分にあると考えれれています。

発掘調査で、弥生時代の他に奈良・平安時代の住居や鎌倉・室町時代の溝も見つかってます。

 

高台に続く道です。

 

沖山遺跡の説明があります。

 

集落は現在の広場の部分に。

 

木々の中にある地域は当時とどのように変わっているのでしょうか。

 

近くには「空間のメビウス 古代からのいざない」というモニュメントがあります。

 

弥生時代というと想像するものなかなか難しい時代です。

郷土資料館などと合わせて行くと興味深いです。

関連記事一覧