古代・江戸時代・戦時中の歴史を知ることができる板橋区立「郷土資料館」

板橋区立郷土資料館は赤羽溜池公園の一角にあります。

1972年に開設し、1990年に全面開設され常設展示資料室も3つに分かれ区の歴史についての様々な資料があります。

地図ではこちら。

 

ストリートビューではこちら。

公園側が入り口なのでストリートビューでは裏側になりました。

 

古代・江戸時代・戦時中の歴史を知ることができる郷土資料館

郷土資料館の常設コーナーは3つに分かれていますが、「生きる」と「暮らす」と「戦う」のテーマに分かれています。

「生きる」では旧石器時代から平安時代までの、地中に埋もれた板橋の歴史を展示してあります。

「暮らす」では中世の板橋区域の歴史を展示してあります。

「戦う」では明治から太平洋戦争の歴史を展示してあります。

また、板橋の名前の由来なども詳しく記載がありました。

軍記「延慶本平家物語」には、治承4年(1180年)に挙兵した源頼朝が武蔵国豊島の滝野川の「板橋」に布陣したと記されています。ここに地名としての「板橋」が初めて登場し、少なくとも鎌倉時代には「板橋」の地名があったことがわかります。しかし、地名発祥の由来については、はっきりした史料はありませんが、石神井川にかけられた木の橋を「板の橋」と呼んでいたのが語源とされています。また、『市町村名語源辞典』によると、「板橋」の「イタ」は崖や河岸、「ハシ」は台地や崖の端のことを意味し、崖の端にあった土地を「イタバシ」と呼んでいたと考えられます。そして、明治以降の町名として採用され、昭和7年(1932)に区誕生のとき区名となりました。

板橋区立 郷土資料館HPより

解説はとても詳しいですね。

 

さて、郷土資料館には赤羽溜池公園から入ることができます。

 

公園からのエントランスです。

 

中では以下のような展示をしています。

 

中の展示はとても広く綺麗です。


また、裏庭には江戸時代の徳丸地区の農家を復元した母屋・納屋などがあります。

 

寄贈されたものなんですね。

 

中には様々な資料があります。

 

つるべ井戸なども。

 

江戸時代から続く生活を感じることができます。

 

石灯篭と馬頭観音もあります。

 

説明はこちら。

 

資料館の中はとても興味深い資料ばかりでした。

地域の歴史に興味のある方は何度でも通いたくなるスポットです。

 

関連記事一覧