板橋こども動物園のグランドオープン後の初の休日は大盛況!!

令和2年12月8日にグランドオープンした板橋こども動物園。

平成30(2018)年7月2日から長期休園していましたがようやく再オープンしました。

地元で動物と触れ合える貴重な公園ですのでとても待ち遠しかったです。

グランドオープン後の初の休日に行ってみました。

 

GoogleMapではこちら。

ストリートビューではこちらです。

ストリートビューはまさに工事中でした。。。

 

都内で動物と触れ合える公園

オープン後初の休日ということもあり人出は非常に多かったです。

 

グランドオープンに際しての機体の高さがうかがえる状況でした。

やっぱり区民に愛されている公園と再認識で。

 

以前は水辺があった場所は自転車置き場が整備されていましたがそちらも非常に混雑です。

自転車置き場に入らないくらいの状況となっていました。

 

公園内にはキッチンカーなども2台出店されていました。

クレープ屋さんとタコス屋さんにも行列ができており、大人気の模様です。

 

ヤギや羊と触れ合える「ふれあい広場」でもなかなかの人出です。

屋外と言いつつ、消毒などとても注意して運営されている様子がよく伝わってきました。

 

今回の改装で特徴的なのがキッズスペースなどの充実でした。

子供を連れてきたときにゆっくりさせられるスペースなど充実でした。

ただ、コロナのためか現状では利用制限があるようでしたが。

トイレや飲食などの施設もありました。

 

さて、「ふれあい広場」ではヤギや羊などがいて、距離ゼロで触ることができます。

子供たちがおっかなびっくり触っていたり、怖くて泣き出したりの様子を見ることができます。

 

羊なども多くいて、時間によっては餌やりなどもすることができます。

 

ポニーなども見ることができ、子供たちに人気でした。

 

園内にはモルモットもいます。

 

ウサギなどもいましたが、このタイミングでは触れ合いは行えずケージの外からみているだけでした。

この辺は混雑が緩和してきたらもっと触れ合えるのでしょうか?

 

公園の方ではモルモットとの触れ合いの時間があるようです。

公園の一部でモルモットとの触れ合いコーナーがあります。

残念ながら気づいたタイミングでは終了していましたが次回はモルモットとの触れ合いしてみたいです。

 

園内には大きなカメもおりました。

お昼寝をしているようですがなかなか見えにくい角度で寝ていました。

 

「ふれあい広場」を出て馬場の方にいくとポニーの乗馬体験が実施できます。

3歳から6年生までとなかなか幅広い年齢の子供が体験できます。

また、ヘルメットなどの道具もしっかり消毒しておりここでも注意して運営されておりました。

 

ポニーは指導員のお姉さんがしっかりついていてくれるので安心です。

 

一周あまり長くない距離ですので行列などの回転もとても早かったです。

 

動物がいるエリアの他にも遊具なども多くあり、木も大きくゆったりと安らげる公園ですので、とてもオススメのスポットとなっています。

 

板橋こども動物園

住所:東京都板橋3-50-1(東板橋公園)
アクセス:都営三田線「板橋区役所前」下車8分
開園時間:午前10時から午後4時30分まで(12月から2月は午後4時まで)
休園日:毎週月曜日(月曜が祝日の場合は、祝日明けの日)、12月29日から1月3日まで、2月の第三火曜日

https://www.city.itabashi.tokyo.jp/bousai/kouen/kouen/doubutsuen/1006627.html

関連記事一覧