南常盤台の中華の名店「香雅」

南常盤台の中華の名店「香雅」。

渋い外観ですが地元のファンに根強い人気のお店です。

町中華というか昭和な雰囲気を残したお店です。

山田洋次監督の映画に出てきそうな雰囲気ですが、味は抜群で。

お店の場所はこちら。

 

ストリートビューではこちらです。

何故かストリートビューのお店の前の画像が無いようで。

 

昔懐かしの雰囲気を感じさせる町中華

常盤台は町中華的もかなり多いですが、その中でもとても年季の入っているお店です。

外観はこちらですが、初めて入るのは勇気が少し必要です。(笑)

 

お店に入ると昭和にタイムスリップしたような雰囲気のお店です。

カウンターに無造作においてある新聞などポイント高いです。

 

お店に雰囲気がありすぎて映画の撮影などに良いだろなーと思いながらお店を見ていました。

 

こちら麺のメニューです。非常に多いですしメニューにこだわりを感じます。

 

菜の部です。中華料理の副菜というかおかずですね。

 

スープやチャーハンなど。カレーもあるのですね。

炒飯ラーメンのセットがあると後で気づきました。

 

壁には追加のメニューも。背脂入りも注文できるようです。

チャーシュウメンの表記が渋いです。

 

今回は特製の「チャーシュウメン:750円」を注文しました。

醤油系の昔ながらのラーメンはあっさり目で、大きめの3枚入ったチャーシュウとの相性が最高です。

シナチクが非常に美味しく町中華でもかなり美味しい部類に入るお店かと。

 

麺は中細でスープとの相性抜群。バランス感が最高に良いです。

 

今回は「餃子:400円」も注文しました。

この手作り餃子が熱々でまた美味しくて。

 

店構え的にはなかなか入りにくいところではありますが、一度行くとかなり病みつきになるお店です。

長く続いて欲しいお店ですね。

香雅

住所:東京都板橋区南常盤台2-8-3

営業時間:11:00~14:00、17:00~20:00

定休日:月曜日

食べログはこちら

関連記事一覧